フレンドから「表情がバグってるよ」「目が常に半目」「片目だけ少し閉じている」なんとこと言われたことありませんか?もしかしたらWrite Defaultsをオフにすると解決するかも?

Write Defaultsとは?

Animation State Machine の基本構成要素の1つです。

これがオンだとアニメーションのデフォルト値を勝手に作ってくれるので便利なのですが、何の値を初期値にされるのがが未知数なため、可笑しな顔の原因となります。
VRChat公式リファレンスでもオフにすることを推奨しているのでオフにしましょう。

デフォルト値を作成する

Write Defaultsをオフにしたので自分で初期値を作りましょう。

Animationクリップを新規作成して、表情のBlendshapeの値をすべて0で登録するだけです。

これをFXレイヤーで使われているAnimationControllerに配置します。配置するレイヤーは1番上です。Unityのアニメーションコントローラーのレイヤーは上のレイヤーより下のレイヤーが優先されるので、デフォルトの表情設定値が手の形による表情設定値で上書きされる仕組みとなります。

わざわざ0という初期値のアニメーションクリップを自分で作成するのは手間ですが、自分でデフォルト値を設定できるのは便利です。例えば、武器を取り出している時は少し怒った顔をにしたいとか、温泉のワールドに居る時は時は常に赤面させておきたいとか、Expressionsのパラメータによってデフォルトの表情を変えるといったテクニックが使えます。

下記は3つのデフォルト顔でウィンクの表情をしている写真です。

通常顔のウィンク
武器持ちのウィンク
お風呂でのウィンク
表情が混ざって可笑しな顔になる – Write Defaultsをオフにする

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)