青い領域にプレイヤーが侵入するとプレイヤー名を表示するサンプルコードを解説

Udon スクリプト作成

サンプルのPlayerTriggerをU#に書き直し。プレイヤーが当たり判定に関する下記2つの処理を作成します。

OnPlayerTriggerEnter・・・プレイヤーが当たり判定に入る
OnPlayerTriggerExit・・・・プレイヤーが当たり判定から出る

Udon Graph

U#

public class PlayerTriggerBySharp : UdonSharpBehaviour
{
    public Text textField;

    // 当たり判定に入る
    public override void OnPlayerTriggerEnter(VRCPlayerApi player)
    {
        textField.text = $"{player.displayName} Entered";
    }

    // 当たり判定から出る
    public override void OnPlayerTriggerExit(VRCPlayerApi player)
    {
        textField.text = $"{player.displayName} Exited";
    }
}

シーン作成

Cubeを配置してBoxCollierのIsTriggerにチェックマークを付けます。チェックを外さないと床や壁と同じ判定になってプレイヤーがCubeの内部に入ることが出来なくなります。

当たり判定を作成する

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)