プレイヤーがパーティクルに接触するとプレイヤー名を表示するサンプルの解説

Udonスクリプト作成

サンプルのSetActiveFromPlayerTriggerとPlayerCollisionParticlesをU#に書き直し

Udon Graph

U#

public class SetActiveFromPlayerTriggerBySharp : UdonSharpBehaviour
{
    public GameObject target;

    public override void OnPlayerTriggerEnter(VRCPlayerApi player)
    {
        target.SetActive(true);
    }

    public override void OnPlayerTriggerExit(VRCPlayerApi player)
    {
        target.SetActive(false);
    }
}

public class PlayerCollisionParticlesBySharp : UdonSharpBehaviour
{
    public Text textField;

    public override void OnPlayerParticleCollision(VRCPlayerApi player)
    {
        textField.text = $"Particle Hit {player.displayName} at {Time.time}";
    }
}

シーン作成

パーティクルに接触判定を作るにはCollisionとSend Collision Messagesにチェックマークを入れます。

パーティクルの接触判定を作成する

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)