座れるイスを作る方法について解説

Udonスクリプト作成

サンプルのStationGraphをU#に書き直し

Udon Graph

U#

public class StationGraphBySharp : UdonSharpBehaviour
{
    public override void Interact()
    {
        Networking.LocalPlayer.UseAttachedStation();
    }

    public override void OnStationEntered(VRCPlayerApi player)
    {
        Debug.Log($"{player.displayName} Entered");
    }

    public override void OnStationExited(VRCPlayerApi player)
    {
        Debug.Log($"{player.displayName} Exited");
    }
}

シーン作成

イスとなるオブジェクトとしてCubeをシーンに配置します。このオブジェクトに下記3つのコンポーネントを追加。無くても動きますが、イスに座る位置と出る位置を指定するための空のオブジェクトを2つ追加します。

 Box Colider・・・インタラクトできるオブジェクトにするにはIsTriggerを有効にして下さい
 VRC Station・・・Enter Locationは座る位置
          Exit Locationは座るのをやめて立った時の位置
 Udon Behaviour・・・先ほど作成したUdonスクリプトを追加します

参考文献

VRChat ドキュメント VRC_Station

VRChat 技術メモ帳 -VRC_Station-

椅子に座るオブジェクトを作成する

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)