触れるとアバターを変更できるオブジェクトの設置方法について解説

Udonスクリプト作成

サンプルのAvatarPedestalProgramをU#に書き直し
…ましたがUseしてもアバターが変わらない。下記サイトによるとUseAttachedStationはU#では使えないとの記述があったので、それが原因だと思います。使えるようになったらまた記事を編集します。

黒鳥のメモ

Udon Graph

U#

public class AvatarPedestalProgramBySharp : UdonSharpBehaviour
{
    public override void Interact()
    {
        Networking.LocalPlayer.UseAttachedStation();
    }

    public override void OnStationEntered(VRCPlayerApi player)
    {
        Debug.Log(player.displayName);
    }

    public override void OnStationExited(VRCPlayerApi player)
    {
        Debug.Log($"{player.displayName} Exited");
    }
}

シーン作成

適当にCubeオブジェクトを配置。ARC Avatar Pedestalコンポーネントを追加して、BluePrint Idの値はアバターをアップロードする時に確認できるランダムの文字列の事。

動作確認にpublicアバターのBlueprint Idが必要そうでしたが、privateのアバターでもテスト環境では問題なく動きました。もちろんワールドをアップロードする際はpublicアバターのBlueprint Idを使って下さい。

参考文献

VRC_AvatarPedestal

アバターペデスタルを作成する(未完成)

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)